NFT

OpenSeaでポリゴンのNFTを転売出品する方法【3ステップ】

絵画とお金と紫のイーサリアムと男の子のイラスト

OpenSeaでポリゴンのNFTを転売してみたいな。

ガス代ってかかるの?

以上のような、OpenSeaでポリゴンのNFTを転売出品するときの質問にお答えします。

この記事の内容
・ポリゴンNFTの転売のやり方【3ステップ】
・ガス代(手数料)の有無

OpenSea購入画面

このブログの筆者アツは、CryptoNinja Partners(CNP)のNFTを21体保有し、NFTの最新情報を発信しています。
》アツのOpenSeaのウォレットを見る

本記事では、ポリゴンのNFTを転売出品するコツを解説しました。

ポリゴンNFTの転売は、以前は暗号資産のMatic(マティック)が少額必要でしたが、2022年8月現在では要らなくなりました。

ポリゴン(Polygon)のNFTは、買うのも売るのもガス代がかからないので、転売の利益が大きくなりやすいです。

ポリゴンのNFTを転売出品して、気軽にNFT売買を楽しみましょう!

NFTについては、こちらの記事で解説しています。
》NFTとは?
CryptoNinjaについては、こちらの記事で解説しています。
》CryptoNinjaとは?
CryptoNinja Partnersについては、こちらの記事で解説しています。
》CryptoNinja Partnersとは?
イーサリアムのNFTの転売方法は、こちらの記事で解説しています。
》イーサリアムのNFTの転売方法

ポリゴンNFTの転売出品のやり方【3ステップ】

ポリゴンNFTの転売出品のやり方は、以下のとおりです。

ポリゴンNFTの転売出品のやり方
①転売するNFTを選ぶ
②出品する価格と期間を設定
③メタマスクに署名する

詳しく解説します。

なお、OpenSeaでのポリゴンNFTの買い方は、こちらの記事で解説しています。
》ポリゴンのNFTの買い方

①転売するNFTを選ぶ

メタマスク管理画面

↑メタマスクにログインし、ネットワークを「Matic mainnet(ポリゴン)」にします。

メタマスクにポリゴンネットワークを追加する方法は、こちらの記事で解説しています。
》メタマスクにポリゴン(Matic)ネットワークを追加する方法

OpenSea管理画面

↑OpenSeaのサイトを開き、メタマスクウォレットを接続します。

OpenSea管理画面

↑プロフィール>Collectedから、転売するNFTを選びます。

これでステップ1が完了だよ。

もう1つ目が終わったの?

カンタンだね!

②出品する価格と期間を設定

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑「Sell」をクリックします。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑出品する価格を入力します。

ポリゴンのNFTの最低出品価格は、2022年8月現在では$5以上です。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑販売期間を選択します。
今回は1ケ月にします。

ポリゴンNFTの出品は、キャンセルをするのもガス代がかからないので、出品価格や販売期間の変更を気軽にできます。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑「More options」をクリックすると、特定の人のみに販売するプライベートセールもできます。
今回はそのままにします。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑手数料を確認します。
「Service Fee」はOpenSeaへ支払う手数料で一律2.5%です。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑一般的には「Creator Fee」もかかり、NFTクリエイターに支払う手数料のことで、1~10%かかります。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑これでよければ「Complete listeing(出品を完了する)」をクリックします。

これでステップ2も完了だよ。

入力することもシンプルだね!

③メタマスクに署名する

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑「Complete listing」をクリックすると、メタマスクが開きます。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑署名ボタンがグレーアウトしているときは、この矢印をクリックします。
「署名」をクリックします。

転売許可のためのメタマスクの署名は、1つのコレクションにつき1度必要です。
なお、イーサリアムのNFTの転売はガス代がかかりますが、ポリゴンNFTではかかりません。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑メタマスクウォレットで、ポリゴンNFTの売買が初めての場合は、ウォレットのWETH(ラップドイーサ)の使用許可を一度だけ求められます。
「署名」をクリックします。

ポリゴンNFTを買ったことがある場合は、この署名は求められません。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑出品の「署名」をクリックします。

OpenSea・ポリゴンNFTの転売出品画面

↑これで転売の出品ができました。
お疲れさまでした!

これで出品ができたね!

あとは売れるのを待つだけだよ。

なんだか楽しいね!
どんどん転売したくなるよ。

ポリゴンNFTの転売出品についてのよくある質問

人物とQ&Aのイラスト

ポリゴンNFTの転売出品についてのよくある質問をまとめました。

Q.ポリゴンNFTの転売出品では、ガス代がかかりますか?
A.いいえ、かかりません。

Q.ポリゴンNFTの転売出品で、暗号資産のMatic(マティック)が必要ですか?
A.いいえ。以前は必要でしたが、2022年8月現在では必要ありません。

Q.暗号資産のMaticを手に入れる方法はありますか?
A.紫色のETH(ポリゴンチェーンのETH)があれば、メタマスク内でMaticへスワップできます。
このときのガス代は数円のみです。
また、黒色のETH(イーサリアム)を紫色のETH(ポリゴンチェーンのETH)に変える方法は、こちらの記事で解説しています。
》黒色のETHを紫色のETHにブリッジ(変換)する方法

以上がよくある質問です。

まとめ:OpenSeaでポリゴンNFTを転売出品しよう

OpenSea管理画面

この記事では、OpenSeaでのポリゴンNFTを転売するコツを解説しました。

ポリゴンのNFTの売買は、ガス代がかからないので、気軽に試せます。

NFTの売買は自転車と同じで、何度か繰り返すことで上手になっていきます。

安価なNFTで成功も失敗も経験して、ゆくゆくはあなたが大きく稼げることを祈っています。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました