NFTOKコインPlay to Earn

【PLTウォレットの使い方】ePLTとpPLTの違いを解説

PLTウォレットのアイコンと男の子の画像

PLTウォレットのアプリって、どうやって使うの?

ePLTとpPLTって何が違うの?

以上のような、PLT(パレットトークン)ウォレットの使い方についての質問にお答えします。

この記事の内容
・PLTウォレットアプリの使い方
・ePLTとpPLTの違い

本記事では、PLT(パレットトークン)ウォレットアプリを使うコツを解説しました。

日本発のPlay to Earnゲーム、CryptoNinja Partyで稼いだPLT(パレットトークン)を受け取るには、PLTウォレットが必要です。

イケハヤさん@IHayatoがマーケターのNFT、CryptoNinja Partners(CNP)はリリース2週間で価格200倍になりました。

CryptoNinja Partyも、イケハヤさんがPRに力を入れているので、人気が出るのはかんたんに想像できます。

Play to Earn(P2E)のゲームで稼ぐには、初期参入が必須ですので、今のうちに準備しておきましょう。

PLTウォレットとは?

PLTウォレットアイコン画像

PLTウォレットとは、以下のとおりです。

PLTウォレットとは?
・株式会社HashPaletteが作成した仮想通貨ウォレット
・HashGamesが開発するゲームで稼げるPLTを受け取れる
・PLTはOKCoinJapan取引所で日本円に換金できる

PLT(パレットトークン)ウォレットは、日本発の株式会社HashPaletteが作成した仮想通貨ウォレットアプリです。

CryptoNinja Partyの画像

株式会社HashPaletteのゲーム部門であるHashGamesが開発する、CryptoNinja Partyなどのゲームで稼いだPLT(パレットトークン)を受け取れます。

PLTはコインチェックやOKコインジャパン取引所に送金して、日本円に換金できます。

しかしコインチェックの場合は、受け取ったPLTをPLTウォレット内でブリッジ(変換)する必要があり、手数料が5,000円ほどかかるため、OKコインジャパンをオススメします。

OKコインジャパン(OKCoinJapan)の口座開設のやり方は、こちらの記事で解説しています。
》OKコインジャパン口座開設のやり方

PLTウォレットの使い方【3ステップ】

PLTウォレットの使い方は、以下のとおりです。

PLTウォレットの使い方
①PLTウォレットアプリをダウンロード
②PLT(パレットトークン)は2種類あることを理解
③ウォレットを作成

ちょっと待って!

PLTが2種類あるってどういうこと?

ややこしいなー。

そうなんだ。

順番に説明するよ。

詳しく解説します。

①PLTアプリをダウンロード

PLTウォレットダウンロード画面

↑スマホのアプリストアからPLTウォレットをダウンロードします。

PLTウォレットiPhone版
PLTウォレットAndroid版

PLTウォレット管理画面

↑PLTウォレットアプリを開き、通知はお好みに設定します。

②PLT(パレットトークン)は2種類あることを理解

PLTウォレット管理画面

↑ウォレットを作成するをタップすると、イーサリアム(ETH)とPaletteがあります。

PLT(パレットトークン)は、以下の2種類です。
ePLT:イーサリアムチェーン上のPLT
pPLT:パレットチェーン上のPLT

CryptoNinja Partyのゲームで受け取れるPLTは、pPLTになります。

コインチェック取引所のPLTはePLTとなり、ゲームで稼いだpPLTをコインチェックに送金するには、PLTウォレット内でpPLTをePLTにブリッジ(変換)してから、送金しないといけません。
pPLTのままコインチェックに送金すると、セルフGOX、つまり資産を失います。

一方、OKコインジャパン取引所は、ePLTでもpPLTでも受け入れは可能で、ゲームで稼いだpPLTをブリッジ(変換)せずにそのまま、OKコインジャパンへ送金できます。
》OKコインの送金詳細はこちら

なお、CryptoNinja PartyゲームでPLTを稼ぐには、NFTの購入が必要ですが、NFTはクレジットカードで手数料不要で買えます。

ブリッジ(変換)には手数料が5,000円ほどかかるので、OKCoinJapanの口座を使う方が手数料も安く便利です。
》OKコインジャパン口座開設のやり方

つまり、CryptoNinja Partyで稼ぎたかったら、NFTをクレジットカードで買って、稼いだPLTはOKコインに送るのが賢いってこと?

その通り!

それが一番ムダな手数料がなくて、手間もないよ。

ただし、2022年7月のNFTファーストセールでは、PLT販売のみとなります。
》OKコインからPLTウォレットにPLT送金方法

③ウォレットを作成

PLTウォレット管理画面

↑「ウォレットを作成」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑「Palette」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑ウォレット名は、ご自身がわかりやすい名前にします。

パレットチェーン上のPLTのウォレットを作成するので、「pPLT」がおすすめです。

PLTウォレット管理画面

↑パスワードを設定し、「作成する」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑「確認画面へ進む」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑「決定」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑バックアップ用のニーモニックを、紙などに書いて大切に保管します。

他人に教えると、資産を失う可能性があります。

「バックアップしました」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑紙に控えたニーモニックどおりに、文字を順番に選びます。
「決定」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑これでpPLT(パレットチェーン)のウォレットができました。
お疲れさまでした!

これでゲームで稼いだpPLTを、OKコインに送金して、日本円に換金できるんだね!

そうなんだ!

2022年夏リリースのCryptoNinja Partyが楽しみだね!

コインチェックにPLTを送金する場合

PLTウォレット管理画面

↑コインチェックに送金をする場合は、ePLT(イーサリアムチェーン)のウォレットが必要なので、ここをタップします。

PLTウォレット管理画面

↑「インポート」をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑「ETH」(イーサリアムチェーン)をタップします。

PLTウォレット管理画面

↑先ほど紙に控えたニーモニックを入力します。
ウォレット名は「ePLT」(イーサリアムチェーン)などがおすすめです。
パスワードは先ほど設定したパスワードを入力します。
「導入する」をタップします。

これでePLTのウォレットができたので、ゲームで稼いだpPLTをePLTにブリッジ(変換)すれば、コインチェックにPLTを送金できます。

なお、CryptoNinja Party(CNPT)のNFTを買うには、PLT Placeの登録が必要です。
》PLT Place登録のやり方

PLTウォレットの使い方のよくある質問

人物とQ&Aのイラスト

PLTウォレットの使い方のよくある質問をまとめました。

Q.ePLTとpPLTの違いは何ですか?
A.ePLTはイーサリアムチェーンのPLT、pPLTはパレットチェーンのPLTです。

Q.コインチェックのPLTは、ePLTとpPLTのどちらですか?
A.ePLT(イーサリアムチェーン)です。

Q.OKコインのPLTは、ePLTとpPLTのどちらですか?
A.OKコインから出金するPLTは、すべてpPLTになります。
OKコインに入金するPLTは、ePLTとpPLTどちらでもPLTとして入金されます。

Q.コインチェックからOKコインに、PLTを送金できますか?
A.はい、できます。

Q.OKコインからコインチェックに、PLTを送金できますか?
A.いいえ、できません。
OKコインから出金はpPLT、コインチェックのPLTはePLTなので、GOXつまり資産を失います。

以上がよくある質問です。

まとめ:PLTウォレットを使ってゲームで稼ごう

この記事では、PLTウォレットの使い方のコツを解説しました。

PLT(パレットトークン)には、ePLTとpPLTがあり、最初は混乱しますが、ゲームで稼ぐためには必須アプリになります。

セルフGOXの心配がなく、送金手数料も安いOKコインジャパンの口座を準備しておきましょう。
》OKCoinJapan口座開設のやり方

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました