NFT

OpenSeaのアカウント作成のやり方【NFT売買の初期設定】

OpenSeaのロゴと人物の画像

OpenSeaのアカウントって、どうやって作成するの?

しないとどうなるの?

以上のような、OpenSeaのアカウント作成についての質問にお答えします。

この記事の内容
・OpenSeaのアカウント作成のメリット
・OpenSeaのアカウント作成のやり方

OpenSea購入画面

本ブログの筆者アツは、CryptoNinja Partners(CNP)のNFTを21体保有し、NFTの最新情報を発信しています。
》アツのOpenSeaのウォレットを見る

本記事では、OpenSeaのアカウント作成のコツを解説しました。

OpenSeaではメタマスクウォレットを接続すれば、アカウントを作成しなくても、NFTの売買はできます。

しかし、自分の作ったNFTを売る場合や、オファーをして特別なNFTを買う場合には、アカウント作成が必要になってきます。

アカウント作成は簡単にできるので、最初のうちに設定しておきましょう。

NFTについては、こちらの記事で解説しています。
》NFTとは?
CryptoNinjaについては、こちらの記事で解説しています。
》CryptoNinjaとは?
CryptoNinja Partnersについては、こちらの記事で解説しています。
》CryptoNinja Partnersとは?
NFTの買い方は、こちらの記事で解説しています。
》NFTの買い方

OpenSeaのアカウント作成のメリット

OpenSeaのロゴと人物のシルエット画像

OpenSeaのアカウント作成のメリットは、以下のとおりです。

OpenSeaのアカウント作成のメリット
①NFTの売買のメールを受け取れる
②自分のNFTコレクションのブランディングになる
③オファー制のNFT購入に有利

詳しく解説します。

①NFTの売買のメールを受け取れる

スマホとメールのイラスト

自分が買ったり売ったりしたNFTの通知が、OpenSeaからメールで届きます。

また、自分が持っているNFTにオファーが入ったときも、メールを受け取れます。

メールで売買が成立しているかの確認や、オファーの有無を簡単に確認できます。

②自分のNFTコレクションのブランディングになる

絵画のイラスト

自分が作ったNFTコレクションを販売するときに、ブランディングとして役立ちます。

もしもまだ無名のクリエイターからNFTを買うとしたら、どういった人が作っているのか気になりますよね?

アカウント作成でプロフィール欄を充実させることで、NFTの販売促進に繋がります。

③オファー制のNFT購入に有利

人物リストのイラスト

NFTの落札者は、入札額の高さだけでは決まらず、出品者が決めます。

出品者は誰にNFTを譲るのか、入札者のOpenSeaアカウントのプロフィール欄や、収集しているコレクションなどを見て判断することも多いです。

クリエイターのNFTを大切にしてくれそうな人、そういった人となりが伝わるようなプロフィールにしておくことで、オファー制のNFT購入が有利になります。

OpenSeaのアカウント作成のやり方

OpenSeaのアカウント作成のやり方は、以下のとおりです。

OpenSeaのアカウント作成のやり方
①OpenSeaのSettingsを開く
②情報入力
③メールアドレス認証
④Twitter連携

詳しく解説します。

①OpenSeaのSettingsを開く

OpenSea管理画面

OpenSeaのサイトを開き、ウォレットをクリックします。
メタマスク(MetaMask)を選びます。

OpenSea管理画面

↑パスワードを入力し、「ロック解除」をクリックします。

OpenSea管理画面

↑アイコン>「Settings」をクリックします。

OpenSea管理画面

↑メタマスクが開くので、「署名」をクリックします。

これでステップ1が完了だよ。

なるほど。

Settingsからプロフィールを作成するんだね。

②情報入力

OpenSeaのアカウント設定画面

↑各情報を入力していきます。

Username:あなたのお名前です。ニックネームなどでもOKです。
Bio:自己紹介文です。自分のプロフィールをアピールします。主に海外向けの場合は、英語がオススメです。
Email Address:登録するメールアドレスです。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑Twitter連携は、あとでおこないます。

今おこなうと、メールアドレスなど入力した情報が消えてしまいます。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑インスタや、自分のホームページなど、NFTと関連するSNSがあれば登録します。

NFTに関係が無い、またはそれほど力を入れていないSNSなら、載せなくても構いません。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑ウォレット接続が済んでいるので、ウォレットアドレスは自動的に入ります。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑「Profile Image」はプロフィールアイコン、「Profile Banner」はプロフィール画面のヘッダーになります。

画像推奨サイズ
Profile Image:350 × 350px(最大サイズ100MB)
Profile Banner:1400 × 350px(最大サイズ100MB)

OpenSeaのアカウント設定画面

↑入力したら「Save」をクリックします。

プロフィールバナーとか、作らなきゃダメ?

最初は名前とメールアドレス、アイコンの登録だけでも大丈夫だよ。

③メールアドレス認証

OpenSeaのメール認証画面

↑「Save」をクリックしたら、先ほど登録したメールアドレスにメールが届きます。
「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

OpenSeaのメール認証画面

↑これでメールアドレスの認証ができました。
「Back to OpenSea」をクリックします。

これで3つ目も完了!

あと1つだね!

④Twitter連携

OpenSeaのアカウント設定画面

↑アイコン>「Settings」をクリックします。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑Twitterの「Connect」をクリックします。

Twitterのアカウント連携画面

↑「連携アプリを認証」をクリックします。

Twitterのメールアドレスと、パスワードの入力を求められれば入力します。

OpenSeaのアカウント設定画面

↑これでTwitter連携ができました。
お疲れさまでした!

Twitterをやっていない場合は?

連携しなくても大丈夫だよ。

ただ、自分の作ったNFTを販売する場合は、やっておいた方が売れやすいよ。

OpenSeaのアカウント作成のよくある質問

人物とQ&Aのイラスト

OpenSeaのアカウント作成のよくある質問をまとめました。

Q.アカウントを作成しないと、NFTを買えませんか?
A.いいえ。OpenSeaにメタマスクのウォレットを接続すれば、アカウントを作成しなくてもNFTを買えます。

Q.アカウント作成で、最低限必要な項目は何ですか?
A.名前(ニックネーム)とメールアドレス、プロフィールアイコンの3つは設定しておくことをおすすめします。

Q.自分の作ったNFTを売るのに、Twitter連携は必要ですか?
A.はい。TwitterはNFTセールの告知や、ブランディングに活用できますので、連携をおすすめします。

以上がよくある質問です。

まとめ:OpenSeaのアカウントを作成をしよう

この記事では、OpenSeaのアカウントを作成するコツを解説しました。

OpenSeaのプロフィールを充実させることで、NFTの売買や、自分のNFTコレクションの売れゆきに繋がります。

NFTは買ってみてはじめて楽しさがわかるので、まずは試しに安価なものから手に入れてみてくださいね。

はじめてのNFTの買い方は、こちらの記事で解説しています。
》はじめてのNFTの買い方

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました